スパイクの助走・ステップと腕の振り・スイング

 スパイクを打つためのステップについてはすでにお話ししてきましたね。スパイクを構成する要素で大切なことがもう一つあります。それは腕のスイングです。きちんとした位置で腕をスイング出来ていなかったら、強烈なスパイクは打つことができません。

 スパイクを打つ時にボールを肩の上や体の後でとらえている選手が結構います。ボールと肩を結ぶ線が一直線になっていないのです。理想のフォームは方の前でボールを捕らえる事ですので、ボールと方を結ぶ線が直線になっている必要があります。

 具体的に見ていきましょう。基本的にバレーボールは自分の右肩の前でとらえるのが大切です。右利きの選手の場合はですね。もしあなたが左利きであれば左肩の前でボールを捕らえることを意識します。毎回自分の利き肩の前でボールを捕らえることが、基本中の基本です。

 さて、スパイクは助走と腕の振りから構成されるのですが、自分の利き肩の前でボールを打つようにするためには、当然自分の利き肩の前でボールを打てる位置で踏み切ってからジャンプする事になります。

 毎回理想的なトスが上がってくるとは限りません。ジャンプする前の助走で一番大切なのは最後の踏み切りです。最初の1,2歩で理想とするトスの位置まで移動してくための調整ステップなのです。1,2歩で調整、3,4歩目でダイナミックに踏み込む。このタイミングをしっかり自分のものにしてください。そして利き肩の前でボールを捕らえる事。助走と腕のスイングでスパイクの明暗が決まるのです。



同じカテゴリーの人気の記事

人気のバレーボールブログへ
このエントリをはてなブックマークに追加はてなブックマークに登録
このエントリをLivedoor Clipに追加 livedoorクリップに登録
このエントリをYahoo!ブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録 You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed Twitterでも情報配信してます