ジャンプフローターサーブの打ち方

 ジャンプフローターサーブは一番見ていてかっこいいサーブですね。見た目がすべてではないのですが、サーブをしている姿が美しいと個人的にはおもいます。派手に見えるのもその一因ではないでしょうか。
 でもバレーボールの選手たちが、かっこいいからという理由だけでジャンプフローターサーブをするわけではありません。なにかしらのメリットがあるから、行うのです。このジャンプフローターサーブの一番のメリットは、ボールを打つ位置がフローターサーブより高くなる事です。ジャンプするわけですから当然です。

 一般的に、サーブで打たれたボールがレシーバーに届く時間が短ければ短いほどレシーバーが拾いにくいボールになるので、よいとされています。高い位置から打たれたボールはレシーバーに届く時間が短くなるので、よりレシーバーにとっては難しいボールになるのです。相手のレシーブを崩すためにこのジャンプフローターサーブが用いられます。

 ではこのジャンプフローターサーブの打ち方ですが、様々な方法があります。片足で踏み切る、もしくは、両足で踏み切るってジャンプする。トスを片手であげる、もしくは、両手で上げる。などなど。様々な形があります。ただ基本は同じ。ボールの中心を打つことと、トスを高く上げすぎない事。無回転のボールを打つ事です。

 全てのサーブに言える事ですが、自分にあった方法を見つけてください。こうすればいいかな?ああすればいいかな?と自分で自分を知るのです。誰も教えてはくれません。練習を重ねていく中で自分で見つけ出していくのです。



同じカテゴリーの人気の記事

人気のバレーボールブログへ
このエントリをはてなブックマークに追加はてなブックマークに登録
このエントリをLivedoor Clipに追加 livedoorクリップに登録
このエントリをYahoo!ブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録 You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed Twitterでも情報配信してます